40代双子持ちサラリーマン日記

40代双子持ちサラリーマンの日々の出来事や趣味に関してのブログ

【2019年】「テーブルグリルピュア」で焼肉!分かったことを紹介

テーブルグリルピュアで焼肉

 

こんにちは。40代双子持ちサラリーマンです。

 

TVや雑誌、SNSで多数取り上げられているおしゃれなホットプレート!

人気のプリンセスのテーブルグリルシリーズの「テーブルグリルピュア」

 

ここ1年程、ずっと購入を検討していたのですが、Edionの株主優待券の期限が迫ってきていたこともあり、思い切って購入しました!

 

焼肉大好き夫婦なのですが、双子が産まれてからはなかなか外食はできず...

 

しかも焼肉は、家の中ですると煙が漂うし匂いが残る...

 

そんなこともあり、ここ3年程は焼肉の機会が激減していました。

 

テーブルグリルピュアは見た目はおしゃれ、しかも口コミは良い評価が多数!

期待して購入しました。

 

そこで今回は、先日、テーブルグリルピュアを使って、家で焼肉をして分かったことを紹介します。

 

テーブルグリルピュアで焼肉を食べた感想

テーブルグリルピュアで焼肉中

 

まず、第1声は、夫婦ふたりで「美味しいー」(*^^*)

 

お肉は柔らかくさつまいもやかぼちゃもホクホク(^o^)

 

しかも双子も「ジュウジュウする〜」と一緒に焼いてくれました!

 

テーブルグリルピュアの特徴

テーブルグリルピュアの特徴を温度調節、ホットプレート、煙や匂いの面で見ていきます。

 

温度調節

テーブルグリルピュアの温度調節

 

温度調節の特徴
  • ダイヤルを回して温度調節
  • 最大250度まで無段階で設定可能
  • サーモスタット機能付き電源プラグ

その中でも、サーモスタット機能が付いている所がオススメです。

この機能が付いているとこんないいことがあります。

サーモスタット機能が付いているとこんな便利
  • 設定温度より高温になると加熱を自動停止し、低温になると自動で運転を再開してくれます。加熱のし過ぎを防ぐだけでなく、プレート自体を大皿のように使えば、できあがった料理を冷めないうちに食べることができる。

 

ホットプレート

テーブルグリルピュア全体画像

 

ホットプレートの特徴
  • 遠赤外線効果で「表面はカリッと中はジューシー」に焼き上げる
  • セラミックコーティングのため、肉やおにぎりなどくっつかずに焼き上げる
  • 中央の穴から食材の余分な油を油受けトレイに落とす仕組みのため、ヘルシーに焼き上げる

 

ここでおすすめの焼き方を書いておきます。

おすすめの焼き方
  • 高い熱伝導性のセラミックノンスティック加工と遠赤外線なので、温度調節をMin~Mid(中低温)で焼くことで、じっくり加熱し素材の旨みを逃さずにムラなく焼きあげる。

 

煙や匂い 

 
煙や匂いの特徴
  • 油受けトレイに落ちなかった食材の余分な油により、少し煙は出ますが子供も気にならないレベルです。
  • 匂いはやはり少しは残ります。

    しばらく窓を開けて換気すると30分程で匂わなくなりました。

 

テーブルグリルピュアのお手入れ方法

この動画少し双子とテレビの声が入っているので、音量注意!

 

お手入れも簡単で、焼いている時の汚れは付属でついているヘラで簡単に取れます

 

最後のお手入れは、完全に冷めてからプレートをお湯や水で湿らせたキッチンペーパーで拭いて、油受けトレイは普通に洗ったのですが、こびりつきもなくアッという間にピカピカになりました。

木の外枠もぬれ布巾でサッと拭いたのみです。

 

テーブルグリルピュアの利用方法

焼肉以外にも朝食の目玉焼きやウインナー、パンを焼いたりいろんな活用方法がありそうなので、これからドンドン使ってみたいなと思います(^o^) 

 

先日、嫁が友達の家に遊びに行かせてもらったら、ダイニングテーブルにテーブルグリルピュアが置いてあったらしいです。

 

使いみちを聞くと、買ってきたピザをのせて保温目的で使ったり、お寿司などを並べて食器として使ったりと本当にいろんな使いみちがあるみたいです(^o^)  

 

私も、使っていない時にダイニングテーブルに置いていると聞いて、少しびっくりしましたが見た目もおしゃれなテーブルグリルピュアだからできるんだなっと思いました。

 

 

テーブルグリルシリーズ

テーブルグリルシリーズには二種類あります。

ちなみに、我が家が購入したのは、テーブルグリルピュアです。

・テーブルグリルピュア

・テーブルグリルストーン

 

テーブルグリルピュアとテーブルグリルストーン、こんな違いがあります。

 

ピュアとストーンの違い
  • ホットプレートのカラーによる違い

ピュアのカラー

ホワイト

ストーンのカラー

ブラック、グレイ、ホワイト

 

  • ホットプレートの質感に違い

ピュアの質感

白くて滑らかな感じ

ストーンの質感

ストーン調のコーティングが施されている。

その名前の通り「石」のような雰囲気

 

このような違いありますが機能および値段は同じとなっています。

 

また、ホットプレートのみ購入可能なので、使用するシーンによって、ホットプレートを使い分けるのもいいかと思います。

 

ちなみに、私の場合、購入したエディオンではテーブルグリルストーンが置いてなかったので、店舗ではあまりテーブルグリスストーンの方は置いてないのかもしれません。

 

私も、いただいたエディオンの株主優待があったため、店舗で購入しましたが持ってなかったら、ネットで確実に購入してたと思います。

その方が安く購入できますからね。

 

・テーブルグリルピュア ホワイト

 

 

・テーブルグリルストーン ブラック

 ・テーブルグリルストーン グレイ 

 

 

テーブルグリルピュアのミニモデル

我が家で購入した「テーブルグリルピュア」のミニモデルである「テーブルグリルミニピュア」も販売されています。

 

テーブルグリルピュアとテーブルグリルミニピュアのサイズ比較

 

このモデルは、「テーブルグリルピュア」と比べ、機能は同じで横幅のみが2/3程度になったミニモデルとなっています。

 

このモデルも店舗では置いていない所が多く、私が購入したEdionでも置いていなかったため、このモデルを購入したい場合はネットで購入した方が確実に購入できると思います。

 

これも嫁の話にはなりますが、嫁の仕事仲間の送別品にこのテーブルグリルミニピュアをあげたみたいなのですが、その同僚は夫婦二人みたいでちょうどいいサイズとは言ってたみたいです。

 

 

テーブルグリルピュアを使用した感想 

私達夫婦は、家電に関してはけっこう慎重に買う所があるのですが、迷わずにもっと早く購入すればよかったと思える品物でした。

 

こんな人におすすめ
  • ホットプレートで焼く際の油が気になっている人
  • ホットプレートとしてだけではなく、保温としても使用したいと思っている人

  • ホットプレートの機能だけはなく、見た目も重視される人